わが足跡
著作と著述

TOPに戻る

わたしは昨2002年9月
39年におよんだ現役労働者を退きました。
その大半の時期を
をわたしは成長し発展する日本の生活協同組合の
事業と運動を支え
これを足場に
全国の生協で働くなかまがつくる労働組合(生協労連)と
全国生協パートタイム労働者懇談会(生協パ懇)と
全国労働組合総連合会(全労連)の
役員をt勤めてきました。
その間に、全国のなかまたちといっしょに
生協研究会(69年〜)や
商業労働セミナー(79年〜)や
パート・臨時労働者交流会の開催を担当し
論述や著述も重ねました。

鈴木彰 主要著述・著作・執筆一覧
一覧の中から一部の論述にリンクできます
執筆を分担した発刊物(上・右
          論文などを執筆した雑誌類(下)

生協労連はいま、パートタイム労働者を含めて7万人を組織し
全労連には140万人の労働者が参加しています。
これらの運動のなかでわたしが得たものを
若い仲間たちに伝えたい。
このページは、そんな野心を持つページですが・・・。